部門紹介

看護部

看護部ごあいさつ

加藤院長
岩村 看護部長

当院は、療養を中心とし、「雄大な自然と豊かな温泉を利用し、地域に根付いた医療」をモットーにしております。

私たちは「一人ひとりの価値観を大切に」、「その人らしい生活ができるように」支援することを基本とし、「やさしい手」で関わらせて頂いております。
又、看護・介護の質の向上を目指し、研修や研究発表及び多職種との連携と情報交換の機会を活用し、専門的な知識や技術の向上に努めております。

看護部は、一人ひとりが医療・福祉等の変化の中でも、自分たちの進むべき道を見据えながら、専門職としての自負を持つことが出来るように環境を整えているところです。

そして、「職員が働いて良かったと思える病院」、地域の人々との連携と健康管理への参画、訪問診療、訪問看護を通して、より病院を身近に感じていただき「地域にあって良かったと思っていただける病院」作りを、目指しているところです。


看護部理念

  1. 人権と価値観を尊重し、人間らしく、その人らしい生活が出来るように支援します。
  2. 安心・安全・安楽・自立の看護、介護を提供します。
  3. 創造的、科学的根拠に基づいた看護、介護の提供をします。

看護部方針

  1. やさしい手で、人間らしく、その人らしい生活の支援を行います。
  2. 職員が働いて良かった職場作りと地域にあって良かった病院作りを目指します。
  3. 看護及び介護の実践において質の向上を目指します。
  4. 地域連携を通し、地域に根付く看護、介護の提供を目指します。

入院について

病気の治療や身体機能回復に向けた取り組みは病院として当然必要ですが、それに加えて長期の療養生活をできるだけ快適に過ごしていただけるよう様々な取り組みをおこなっています。

入院施設:ベッド数180床

介護療養病床:120床 医療療養病床:60床
第1病棟:60床
1病棟は症状が軽度の患者様が主に入院されている介護病棟です。
患者様には「明るく親切に」を心がけて日々接し、生活が単調にならない様に、夏祭りやクリスマスなど、季節ごとの行事に合わせてレクリエーションを行い、スタッフ一同楽しい環境、病棟つくりをしています。
第2病棟:60床
2病棟は症状が重度の患者様が主に入院されている介護病棟です。
季節感を取り入れたレクリエーション、リハビリなどを行う事で、患者様が「楽しみ」「生きがい」等を持ち、楽しみながら療養生活を送って頂けるよう関わらせて頂いております。
第3病棟:60床
3病棟は医療型療養病棟です。内科的疾患の他、酸素を必要とする患者様や、パーキンソン病等の特定疾患の患者様が入院、療養されております。病棟レクリエーションに力を入れて、患者様が少しでも楽しく、健やかに療養生活を送れるよう取り組んでいきます。

外来について

地域に密着した看護の提供の為に、短時間の関わりの中で、明るく親切丁寧で、細心の心配りができるよう努力しております。
又、地域の人々の健康維持へのお手伝いが出来る職場を目指しております。
尚、学校健診、予防接種、企業健診も受託しております。


薬局

rehabilitation

薬局は薬剤師2名、助手2名が勤務しています。主に、外来患者様の調剤業務・服薬指導、入院患者様の定期・臨時調剤業務、注射薬の払い出し、医薬品の購入・保管・管理・製剤等を行っています。スタッフ一同、医薬品の適正使用のため、日々情報の収集・研修に務めています。


放射線科

DSCF2001

放射線科ではX線を使った各種の画像検査を行っており、日頃より患者様にはX線検査を安心して受けていただけるよう対応に心掛けております。

入院、外来患者様の状態変化をいち早く発見できるように業務に取り組んでいます。


リハビリテーション科

rehabilitation

リハビリテーション科は理学療法士4名、作業療法士2名、マッサージ師1名が在籍しています。

心身機能への働きかけはもちろんの事、患者様同士のコミュニケーションの場を担ったり、退屈せずに療養生活を送れる事が出来るような支援を心がけています。

また外来リハビリでは地域の患者様の要望に合わせ、運動療法の他にも消炎・鎮痛を目的とした物理療法やマッサージも実施しております。


栄養課

DSCF2007

栄養課は管理栄養士1名、栄養士1名、調理員6名で構成されております。患者様の嗜好を取り入れた、衛生的で安全な食事提供を第一に、普通食の他に糖尿病、心臓病等、患者様の病態に合わせた特別治療食を提供しています。

四季のメニューの他、正月、節分、ひな祭り等の行事食にも力を入れ、患者様に喜ばれる食事提供を目指しています。

食事提供以外の業務内容として、管理栄養士による喫食状況の観察、栄養状態の評価により、患者様個々の栄養管理を行っています。

地域医療相談室

地域医療相談室の業務

地域医療相談室では専門の相談員(医療ソーシャルワーカー:MSW)が在宅生活、及び療養上の様々な相談について、患者様・ご家族の皆様と一緒に考えながら、解決の道を探していきます。

また、入院の相談窓口にもなっておりますので、他の医療機関からの転院・地域からの入院の際の連携室としての役割も担っています。

地域医療相談室の相談例

  • 受診・入院について
  • 医療費・介護利用料の支払いや生活費などの経済的なことについて
  • 健康保険や年金などの社会保障制度について
  • 介護保険・社会福祉制度のサービス内容・利用方法などについて
  • 転院先・施設入所について
  • その他、安心して療養に専念してもらえるように相談をお受けいたします。

相談は、面接でも電話でもメールでも可能です。

医療ソーシャルワーカー  郡司 俊夫

電話番号:0142-65-2221 / 
FAX 0142-65-2739


ホーム > 部門紹介